ブログ

サイト管理人のブログです。新しく入荷した作品や、アートに関する情報等を随時、発信して行きます。

ブログ一覧

Tomoko IMASHIRO-クールビューティな写真家が描くParis

imashiro1

今城 知子(Tomoko Imashiro)-Paris

今城 知子(Tomoko Imashiro)-Paris


「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が、4/13から1ヶ月にわたり開催されました。
アルバート・ワトソンなど国内外のさまざまな写真コレクションが、京都市内の寺院や歴史的建造物など特別な空間に展示され、京都の建物と美しく融合した写真祭が実施されました。

外国からの観光客も多く来られ、写真芸術と京都を知ってもらう上で良いイベントであったと思います。

さて、一つの写真を見て素晴らしいという人もいれば、何が良いかわからないという人もいます。「良い写真」とは何か?それは人それぞれ違うものであり、良い写真かどうかは主観の部分がほとんどなので定義することはなかなか難しいことのように思います。

ここに紹介したのは、アーティスト「今城知子」先生によるParisでの作品です。

実物は画像を遥かに超えて素晴らしく、その場の空気感、世界感がひしひしと伝わってきます。まるで、その場にいるような不思議な錯覚を覚えました。

私にとって良い写真とは、「伝わる写真」であるように思います。
今城先生の作品は、その場の雰囲気が伝わる良い写真であると感じます。益々のご活躍に期待いたします。

 

今城 知子(Tomoko Imashiro)

【Profile】
80'尾道出身( 尾道親善観光大使)4歳から英会話教育と平松祐子画伯の元で絵画を始める。油絵、水彩画、版画、焼き物、生け花。油絵などを中心に絵画歴30年。
現在は、写真家として東京,NYC,Franceを拠点に活躍している。

ー Work
・Proffessional Photographer(Main)
・Art Photographer(Main)
・Art director
・hair make
・make up
・total coordinate / fashion and more
・視覚芸術 (Visual Arts)
・writer (元TRINITY magazine 編集部)
・Spiritual psychology counselor
・Psychic (心理学・唯心論)
・https://tomoko-imashiro.net/

●debut from 株式会社 写真弘社
ART GRAPH gallery at Ginza, JAP.
-for Engrish website
http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php
http://www.shashinkosha.co.jp/english/

 

今城 知子写真集「ENCLOSED」2017
ed.300 B5版サイズの写真集です

写真集、作品については ここから お問合わせください

2019年06月13日

美の伝道師「中上誠章」の新たな挑戦!

中上誠章「ガーネット」油彩・P6号

先日、京都美術倶楽部で開催された第7回「京宵展」にも出品されていた中上誠章画伯ですが、清楚な女性像で人気のアーティストであり寡作な画家としても知られています。同じ京都に住んでおられることもあり、前々から興味を持っていた作家の1人です。

上の作品はヌードは中上誠章が描いた裸婦画です。色黒な肌がエキゾチシズムを感じさせる中上画伯の新しい一面がうかがえる作品と思います。とても丁寧に描かれており表面は艶々でとても美しい作品に仕上がっています。

当ギャラリーで推奨している山田画伯は「裸婦の画家」と言われていますが、今の時代に於いて「裸婦」は、熱狂的に支持されているモチーフの一つであると思っています。

「ガーネット」は、中上画伯にとって新たな挑戦への布石となる記念碑的な作品であります。
写実画を、絵の姿をした「生の証」と捉え、モデルの息遣い、作品への加筆をかけがえのない一瞬として描く中上画伯の今後の活躍に期待し応援していきたく思います。

今後、裸婦作品を中心に、ご紹介していきたいと考えていますのでご興味ございましたらこちらからお問合わせください。

 

中上誠章 Seisyo Nakagami

1961年 京都市に生まれる
1985年 京都市立芸術大学 油画科卒業
1998~2001年 グループ展多数
2001年 個展(梅田阪急)以降2003年 2005年
2002年 個展(ギャラリー大井)
2008年 個展(瀧川画廊) 以降2010年
2011年 神戸アートマルシェ出品
2012年 ART KYOTO出品、個展(東武池袋)
2016年 個展(東武池袋)
2017年 京都大丸 G展


2019年05月31日

山田惣右衛門 もう一つの「美」

IMG_0500

山田惣右衛門「浮遊Ⅱ」ビニールシート・顔料着色 2019年作

 

この絵を見ておどかれた方も多いかと思います。山田画伯といえば人物画家として名を馳せ、特に現代を映した美麗な裸婦像で人気の画家です。

しかし聞けば30年くらいこのような作品を創っていたといいます。私も本当に驚いています。支持体は透明ビニールシートで、裏から顔料系塗料などで彩色されていますが詳細な技法は不明です。

見るほどに大変奥深く宇宙観ある背景から、湧き出すような赤や青、黄のドットが美しい。海外画家の真似でない、あくまで日本人の描く抽象画です。山田画伯の持つ芸術感、スケールの大きさには脱帽です。

 

 

 


2019年04月30日

謎のアーティスト!Mr.T

Mr.T「For this world is the peace」ミクストメディア 1996年作

 

日本で生まれたQRコードでメッセージを伝える作品をつくっている作家。このQRコードは携帯電話の実際にQRコードリーダーで読み込むことができる。

20年前からQRコードによる作品構想を持ち制作している。QRコードの絵画への利用については開発者の許可を得て制作をつづけている。世界に誇る日本の技術とアートをコラボさせ新しい美術の表現形態を示している。

 

 

 


2018年11月10日

今なぜ写実なのか?!ダ・ヴィンチに心惹かれた期待のアーティスト「中田朋子」

中田 朋子「ある肖像~想う」油彩 SM(サムホール)2016年制作

 

美術系短大を卒業後、一般企業にてDTPデザイナー、ディレクター、プランナーを経験。約1年に渡るフランス語学留学の後、2008年、伊達噴火湾アートビレッジ「野田・永山塾」に学ぶ。

「人ができうる最大の仕事の可能性を絵画の中に探すこと」を信条に、写実技法による表現で人物や静物を一筆ごと丹念に描く。

今なぜ写実なのか?!この答えのすべては絵の中にあると思う。

「ある肖像~想う」と題された作品は、ダ・ヴィンチ作品に触発され描いた。肌の白さや輝きを出すことに苦しみながらも、内側から形を呼び起こすことで完成させた。

静けさの中に存在感を感じさせる秀作と思う。単なる写実ではない心の表現を感じてもらいたい。写実の新たな可能性を追及する中田画伯の活動に大いに期待している。

 

■中田 朋子 Nakata Tomoko
1975 北海道札幌市生まれ
1997 札幌大谷短期大学美術科油彩コース卒業
1999 印刷・出版会社においてDTPデザイナー・ディレクター
2004 ヒューマンアカデミーグラフィックデザイン非常勤講師
2008 伊達噴火湾アートビレッジ野田・永山塾受講
2016 グループ展(福屋八丁堀本店)
2017 MVW桃花展(福屋八丁堀本店) 平成動物図鑑(伊勢丹浦和店)
2018 Rouge展~華麗な美の競演~(阪神梅田本店)

 

◆Tomoko NAKATA Painting Works https://tomokonkt.wixsite.com/paintingworks
2018年02月17日
» 続きを読む